★只今にじの仲間メンバー募集中★ >>詳しくは

『がんばってるあなたを、ゆるめる話』

こんにちは~♪

今回は『がんばってる保育士さんをゆるめる4つのこと』から

とっておきの『ゆるめる話』を~~~♪

これね、保育士さんに限らず、ありとあらゆる人間関係に使えますよ♪

 

木登り好きだった~

ディズニー好きだった~

小さい頃、好きだったものの話、聴くと

なんだか小さい頃のその人、想像しちゃいます( *´艸`)

 

今日のお話は『まずは、気持ちによりそって~』

 

赤ちゃんって

産まれたばかりの頃は、なんにも自分でできないよね。

ある時、保育士の研修で聴いたお話の中で

自分を呼ぶ、やさしい声とか

気持ち良くしてくれる手とか

近くにいてくれる人がいて

赤ちゃんは、初めて動きだそうとする。

 

赤ちゃんは、大好きな人がいるから動きたくなるんだって!

あなたもね。

あなたの子どももね。

大好きな人がいたから

歩こうとしたんだなぁ。

 

そして、それが

だんだん

大きくなると

あれ、なんだろうなぁ?

これ、楽しそうだなぁって

友だちや、なかまが欲しくなって

やりたいことが見つかっていくんだな~って。

 

やりたいことを、やりたいだけやったら

「理(ことわり)」を知っていく。

それは、その子にとって たからものだと思うのです。

だから、ね。

保育園の子ども、とか

小さい子ども、が

何もきこえないぐらい夢中になって

ご飯の時間だよ~とか、お片づけだよ~とか

呼んでもまだ遊びたかったら

「何回呼んだらくるの?」って怒るより

 

『まずは、気持ちによりそって~』

 

のり
のり

「〇〇ちゃん、楽しいんだねぇ」

のり
のり

「何がそんなに楽しいの?教えて~♪」

って、聴いてくれる大人が、子どもは大好き。

 

気持ちにぴったりしてから

のり
のり

いっしょに、ご飯に行こうよ~

とか

のり
のり

いっしょに、お片づけしよう~

って お願いしてみてね~♪

 

そしたら、けっこう「いいよ♪」って

言ってくれたりするんですよ~( *´艸`)

 

そして、これは

大人の方にも効果あり♪

ではでは、またね♪

***************

『自分もゆるめて、子どももゆるめる。』

2人の間に、いつもノートがあります。

11才になったムスコに

伝えたいことがある時

ノートに書きます。

これがあれば、感情的にならずに話ができるから。

全国のママをはじめ、6000人が受講した

方眼ノート1dayベーシック講座、開催中です。

「方眼ノート特別体験会」では

ノートを書くと、どんな未来が見えるのかを体験してもらいます。

12月1月は、毎週開催してまーす。

(お申込みは6日前まで)

↓ 方眼ノートのランディングページはこちら♪

方眼ノート1DAY講座ベーシック講座
方眼ノート1DAYベーシック講座を紹介するページです。愛知県での開催が主になっています。くわしくはご相談ください。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました